2012年09月03日

内臓脂肪をダイエットで減らして病気を防ぐ

心筋梗塞や動脈硬化など恐ろしい病気の背景には内臓脂肪の増加があるといいます。

内臓脂肪量を減少させるには、ダイエットが効果的です。外見的には脂肪が少なく見える人でも、実は筋肉量が少なく内臓脂肪過多という場合があります。たいして太っていなくてもダイエットを行ったほうがいいという人も実は少なくありません。ダイエットを成功させるためには筋肉がある方が良いため、スポーツや運動で筋肉を鍛えることは欠かせません。皮下脂肪が増えると太ってしまいますが、それで病気になる可能性は低いといいます。血液の流れや血管の問題が起きやすくなる原因に、内臓脂肪の増加が関わっているとされています。ダイエットで脂肪の代謝を促進することで、内臓脂肪を減らし健康増進を図っておくことが重要です。正常な体重の人でも、皮下脂肪と比べて内臓脂肪の割合が多い場合、糖尿病にかかりやすいという報告があります。高脂血症や脂肪肝についても、内臓脂肪の高い人ほど危険性が高いといわれています。特におなか周りを中心に脂肪がついている人は、健康のためにもできるだけダイエットを心がけた方がいいかも知れません。内臓脂肪は血流に乗って脂肪が運ばれてきているため、ちょっとしたことで増加しますが、運動で燃焼させやすい部分です。有酸素運動を主体としたダイエットに取り組むことによって、内臓脂肪の燃焼を促進してウエストを細くしましょう。愛知保険で保険料無料相談

タグ:ダイエット
ニックネーム akadaiei at 12:29| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント